読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DHCPサーバーとtftpサーバーを設定する

ディスクレスサーバーの起動準備としてDHCPサーバーとtftpサーバーを設定したときのメモです。
サーバーはRaspberry Pi上に構築しているので操作はdebian系のものになります。


以下メモ

tftpサーバーの設定

tftpサーバーをインストールして設定を行います。
まずはhosts.allowを編集してtftpのサービスのアクセスを許可しておきます。

# nano -w /etc/hosts.allow
in.tftpd:ALL


続いてtftpサーバーのインストール。

# apt-get install tftpd-hpa


そのままだとエラーでtftpdが起動しなかったので設定ファイルを書き替えます。

# nano -w /etc/default/tftpd-hpa
TFTP_OPTIONS="--secure"

の記述を

TFTP_OPTIONS="--secure -4"

としてサービスを起動するとよいようです。

# /etc/init.d/tftpd-hpa start

DHCPサーバーの設定

DHCPサーバーをインストールして設定を行います。
debianのサイトではdhcp3-serverが推奨となっていますが、apt-get install dhcp3-serverを実行しても結局isc-dhcp-serverがインストールされる状態でした。

# apt-get install isc-dhcp-server
# nano -w /etc/dhcp/dhcpd.conf
option domain-name "%ドメインネーム%";
option domain-name-servers %ネームサーバーのIPアドレス%;

subnet 192.168.10.0 netmask 255.255.255.0 {
   range 192.168.10.2 192.168.10.10;
   option subnet-mask 255.255.255.0;
   option routers %デフォルトルーターIPアドレス%;
   option broadcast-address 192.168.10.255;

   next-server 192.168.10.17;
}
host ThinkPadX200 {
   hardware ethernet %MACアドレス%;
   fixed-address 192.168.10.250;
}
# nano -w /etc/default/isc-dhcp-server
INTERFACES="eth0″
# /etc/init.d/isc-dhcp-server start

今までDHCPサーバーはルーターの役割でしたが、ここでRaspberry Piにその役割を譲ることになります。
rangeで配付するIPアドレスの範囲を指定します。option routersでルーターIPアドレスを指定しています。
hostセクションではMACアドレスに対して特定IPアドレスを割り振っています。


適当にDHCPクライアントを再起動なりネットワークのIP再取得をしてIPアドレスが振ってくればOKです。
tftpdの方はテストできてないのでちゃんとアクセスできるか心配。