読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラスタを切り出した時のメモ

先日はベクタベクタを切り抜いたメモですが、今回はラスタをベクタのポリゴン形状に切り抜いた時のメモです。

さいたま市の段彩陰影図を作ろうとして、基盤地図情報から DEM データを、国土数値情報から埼玉県の市区町村ポリゴンをダウンロードしています。

DEM データは9ファイルに跨っているので、QGIS基盤地図情報 DEM インポータを使って GeoTiff にした後、バーチャルラスタの vr.vrt として保存しました。
ポリゴンについても、QGISさいたま市以外の10区を抜き出した後、空間演算ツール融合 を使ってさいたま市を1つのポリゴンにし、saitama-city.shp を作成しました。

操作はラスタ抽出クリッパー を選択し、次のような感じでオプションを選択しています。

f:id:k-side:20150518105053p:plain

簡単ですね。こんな感じで必要なエリアだけのラスタを作ることができました。

全部コマンドラインでできるっぽいので、気が向いたら試してみたいと思います。