読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

debianでWebカメラを使って撮影をした

Linux debian Ruby

前回失敗したOpenCVruby-opencvのインストールが無事にできました。おとなしく最新版をビルドしています。
ビルドは簡単で、Linux で OpenCV バージョン 2.4.9 のダウンロードとビルドとインストールとテスト実行にあるシェルスクリプトを実行するだけでインストールができました。
リンク先ではUbuntuを対象にしたものでしたが、ウチのdebian 7.6の環境ではそのまま動作しました。

OpenCVのインストールができたらruby-opencvをインストールします。

# gem install ruby-opencv

mkmfが見つからないというエラーが出たらapt-get install ruby-devをするとmkmfも一緒にインストールされると思います。

ruby-opncvがインストールできたら試しに簡単なスクリプトを書いてちゃんと動作するか確認します。

require 'opencv'
include OpenCV

capture = CvCapture.open

img = capture.query.to_CvMat

img.save_image( "output.jpg" )

output.jpgがWebカメラの見てそうな画像になっていればOkです。