読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

設定ファイルを複数マシンで共有する

前半はLinuxドットファイルgithubで同期させてる話で後半はPowerShellのプロファイルをDropboxで同期させてる話です。

Linuxドットファイルを同期させる

Linuxドットファイルgithubで同期する方法があちこちに書かれていたので同じ様にやってみました。
登録してあるリポジトリは下記のURLです。
dotfiles

作り方もあちこちに書いてありますが、自分用にメモしておきます。

適当なディレクトリを作成して、そこに現在のドットファイルを移動する

# cd ~
# mkdir dotfiles
# mv ./.profile ./dotfiles/
# mv ./.screenrc ./dotfiles/
# mv ./.vimrc ./dotfiles/

移動したファイルからホームディレクトリにシンボリックリンクを作成するスクリプトを作成する。

# cd ~/dotfiles
# touch dotfileslink.sh
# chmod +x dotfileslink.sh
# nano dotfileslink.sh
#!/bin/sh
# ln -sf ~/dotfiles/.profile ~/.profile
# ln -sf ~/dotfiles/.vimrc ~/.vimrc
# ln -sf ~/dotfiles/.screenrc ~/.screenrc

スクリプトを実行してgithubに登録する

# ./dotfileslink.sh
# git init
# git add -A
# git commit -a -m "Initial commit"
# git remote add origin %githubのURL%
# git push origin master
新しいマシンでの取り込み

新しく設定したLinuxドットファイルを利用するためには、gitをインストールした後にホームディレクトリでいくつかのコマンドを実行すればOk。

# git clone %githubのURL%
# cd dotfiles
# ./dotfileslink.sh

PowerShellのプロファイルも同期してみた

こちらはgithubではなくてDropboxリポジトリを作成しています。
~\Dropbox\git\psprofileを作成して設定します。

> New-Item -Type Directory ~/Dropbox/git/psprofile
> Set-Location ~/Dropbox/git/psprofile
> git init --bare --share=true

プロファイルがあるディレクトリに移動して適当なディレクトリを作成します。

> Set-Location ~/Documents/WindowsPowerShell
> New-Item -Type Directory dotfiles

既に存在しているプロファイルを作成したディレクトリに移動します。
名称も変更しているのは別のマシンで取り込む時に必要そうだったからです。
移動した後は新しいディレクトリ内のスクリプトをプロファイルに取り込むためのプロファイルスクリプトを作成します。

> Move-Item Microsoft.PowerShell_profile.ps1 ./dotfiles/psprofile.ps1
> Write-Output ". ~\dotfiles\psprofile.ps1" > $PROFILE
> Copy-Item $PROFILE ./dotfiles

ここまでできたらDropboxリポジトリに突っ込んでおきます。

> Set-Location ./dotfiles
> git init
> git add -A
> git commit -a -m "Initial commit"
> git remote add origin ~/Dropbox/git/psprofile
> git push origin master

こんな感じで。

新しいマシンでの取り込み

もちろんgitを入れてパスの設定までしておかないといけませんし、Dropboxを入れて同期が完了していないといけません。

> New-Item -Type File -Force $PROFILE
> Set-Location ~/Documents/WindowsPowerShell
> git clone ~/Dropbox/git/psprofile
> Set-Location ./dotfiles
> Copy-Item ./Microsoft.PowerShell_profile.ps1 ../

これでPowerShellを立ち上げ直せば他のマシンと同じプロファイルが使えるはずです。

PowerShellの場合git入れるのが面倒だったり、設定ファイル一つならコピーしちゃってもいいんですけどね。