TextQL を Windows で使う

CSV ファイルや TSV ファイルに直接 SQL をかけて結果を受け取れる TextQL というコマンドが Twitter の TL に流れてきたので Windows にインストールしました。PowerShell で使えるようにした作業メモです。

流れてきた紹介記事

TextQL - CVSファイルに対してSQLを実行できるコマンドラインツール | ソフトアンテナブログ

GitHubリポジトリ

Go Lang の設定

TextQL は Go Lang で書かれているっぽいのでまず Windows で Go Lang を使えるようにします。

The Go Programming Languageのダウンロードページから Windows 用のインストーラ goX.X.X.windows-amd64.msi あたりをダウンロードしてインストールすればOKです。

なお自分は goX.X.X.windows-amd64.zip をダウンロード&展開して環境変数GOBINGOROOTPATH を設定しました。
GOROOT が zip ファイルを展開したディレクトリ、GOBINGOROOT の中の bin をセット。PATHGOBIN のパスを追加して終わり。

> go version
go version go1.10 windows/amd64

とか出れば OK。

gcc の設定

gcc も使うっぽいので Sourceforge から mingw-w64-install.exe をダウンロード。インストーラを起動して途中の Architecture を間違えなければインストール完了です。

PowerShell を再起動して gcc -v が実行されれば OK。実行されていなければ C:\Program Files\mingw-w64\x86_64-X.X.X-posix-seh-rt_v5-rev0\mingw64 あたりの中にある bin までパスを通せば使えるようになるはず。

TextQL のインストール

ここまで来れば簡単。

> go get -u github.com/dinedal/textql/...

とすれば GOBIN にビルドされた実行ファイルができてきます。
Excel に突っ込んでからフィルタかけたり Access に突っ込んでから SQL かけたりしなくていいので超快適。