読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

debian で VS Code が起動できなかったのでライブラリをいじった

さくらのクラウドに X 環境構築してローカルから接続して開発とかどうだろうって遊ぼうとしたら VS Code が起動できなかった時のメモ。

環境は次の通り

deb ファイルから VS Code をインストールして、メニューから起動させようとしても何も起こらない。
tar ファイルを落として解凍して起動しようとしたら次のようなエラーが発生して起動しませんでした。

Xlib:  extension "XInputExtension" missing on display ":11.0".
Xlib:  extension "XInputExtension" missing on display ":11.0".
libGL error: No matching fbConfigs or visuals found
libGL error: failed to load driver: swrast
bash: cannot set terminal process group (-1): Inappropriate ioctl for device
bash: no job control in this shell
Xlib:  extension "XInputExtension" missing on display ":11.0".
Xlib:  extension "XInputExtension" missing on display ":11.0".

既に GitHub の vscode リポジトリでは issue が作られていて、解決法も掲載されていました。

んで、次のような操作でとりあえず起動ができます。

$ mkdir ~/lib
$ cp /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libxcb.so.1 ./lib/
$ sed -i 's/BIG-REQUESTS/_IG-REQUESTS/' ~/lib/libxcb.so.1

この ~/lib ディレクトリを LD_LIBRARY_PATH に突っ込むと起動します。

$ LD_LIBRARY_PATH=$HOME/lib code

GUI から起動するメニューの内容も変更しておかないと GUI のメニューからは起動できません。

$ sudo vi /usr/share/applications/code.desktop

[Desktop Entry] の中にある Exec を変更します。

Exec=sh -c "env LD_LIBRARY_PATH\=\$HOME/lib  /usr/share/code/code" %U

これで GUI のメニューからも起動できるようになりました。