読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeoJSON のポリゴン面積を求める Ruby スクリプトを書いてみた

GIS Ruby

QGIS で操作すればできますが、JSON の扱いに慣れてみるのも一興と思って書いてみました。
ちなみに、世界測地2000の平面直角座標以外は計算できないので弾いています。 任意座標でも計算できますが、それそもそも GeoJSON としてどうよって感じなので扱わないことにしました。

ポリゴンごとに面積を計算して、プロパティに面積フィールドを追加した JSON を出力します。
中抜けポリゴンとかドーナツポリゴンとか言われる系のポリゴン面積は出せません。

Bitbucket で公開しています。
area_summation

OGR を噛ませれば他の投影系でも計算できるかもしれません。
そもそも GeoJSON 扱うなら WGS84 前提だろと言われそうですが。

出力する JSON の形式が微妙と言われると何とも言い返せないのでもうちょい気の利いた形にしてみたい気もします。