読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windowsの起動時に自動的にVPN接続をする

以前設定したL2TP/IPsecのVPNに自動的に接続するように設定しました。
自分用メモとして


既にWindows側でもVPN接続ができるように設定してある前提です。ネットワークと共有センターの「接続:」の部分に書かれているネットワーク名と、VPNサーバー側で設定したユーザー名、パスワードが必要になります。
f:id:k-side:20140325103153p:plain


コマンドプロンプトから

> start RasDial "ネットワーク名" %ユーザー名% %パスワード%

とすると接続が開始されるので、バッチファイルを作成してスタートアップに登録しておきます。
ネットワーク名にはダブルクォーテーションが必要ですが、ユーザー名とパスワードには不要なようです。
スタートアップに登録しておけばログオンした際にバッチファイルが実行されるのでVPNに接続してくれるはずです。

パスワードを平文で書くことになるのでバッチファイルの取り扱いには十分な注意が必要です。

参考に、コマンドプロンプトからVPNを切断する場合は下記のようなコマンドのようです。

> start RasDial "ネットワーク名" /disconnect