読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zabbix Agentをインストールする(多分成功)

いくつかの環境にAgentをインストールできました。Zabbixサーバー側でも認識はしているようなので、インストール方法をメモしておきます。

Agent設定ファイルの記述

debian系では/etc/zabbix/zabbix_agentd.conf、FreeBSDでは/usr/local/etc/zabbix/zabbix_agentd.confを編集します。
いろいろ書かれていますが、設定したのは下記3項目

Server=%ZabbixサーバーのIPアドレス%
Hostname=%AgentがZabbixサーバーに通知するホストの名前%
ListenIP=%Agentが動作しているマシンのIPアドレス%

書き替えたらAgentを再起動すると設定が反映されます。

Raspberry Piにインストール

Rasbianではapt-getで1.8.11のAgentを入れることができます。

# apt-get install zabbix-agent

後は設定ファイルを変更して再起動すればOK

# /etc/init.d/zabbix_agent restart

debianにインストール

sources.listを編集してwheezy-backportsを利用できるようにするとapt-getで2.0.6をインストールできます。

# nano -w /etc/apt/sources.list

下記2行を追記(riken.jpを利用している場合)

deb http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ wheezy-backports main
deb-src http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ wheezy-backports main

aptを更新してインストールします。

# apt-get update
# apt-get install zabbix-agent

後は(略

NAS4Freeにインストール

pgk_addを利用して2.0.3をインストールできます。純粋なFreeBSDではportsからmakeすることも可能なようです。

# pkg_add -r zabbix2-agent

設定ファイルが無いのでサンプルをコピーして編集します。

# cp /usr/local/etc/zabbix2/zabbix_agentd.conf.sample /usr/local/etc/zabbix2/zabbix_agentd.conf
# vi /usr/local/etc/zabbix2/zabbix_agentd.conf

/etc/rc.localも編集する必要があるので注意です。

# vi /etc/rc.local
zabbix_agentd_enable="YES"

これで起動できるようになるので、デーモンを起動させます。

# /usr/local/etc/rc.d/zabbix_agentd start