読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zabbix Agentをインストールする(失敗編)

先日Zabbix Serverはインストールできたので今度は監視される側のRaspberry PiにAgentをインストールする作業をしました。
失敗しているのですが、今回は失敗記録をつけておこうと思います。

バージョンが異なる

Raspberry Piでapt-getするとRaspbian用にコンパイルされたZabbix Agentがインストールされますが、バージョンは1.8.11のものになります。
サーバーが2.0.6なので同じバージョンがなんとか(コンパイルを経ずに)インストールできないか試してみました。

riken.jpのbackportsを使う

/etc/apt/sources.listにriken.jpのbackportsを見に行くように書き替えを行いました。

# nano -w /etc/apt/sources.list

deb http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ wheezy-backports main
deb-src http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ wheezy-backports main

これで更新してインストールに成功すれば2.0.6が降ってくるはずです。

# apt-get update
〜中略〜
W: GPG error:〜以下略

という具合にGPGエラーが発生しました。
aptで取得できるパッケージの正当性を検証するためのGPG鍵が失効していたり、整合しない場合に発生するエラーのようです。


解決法として、現に取得しているリストを削除してみるというものがありました。

# rm -vf /var/lib/apt/lists/*

これでリストが削除できました。早速apt-get updateです。

# apt-get update
〜中略〜
W: GPG error:〜以下略

…変わりませんでした。


次に発見した解決法はdebian-archive-keyringというパッケージをインストールしてupdateするというものです。

# apt-get install debian-archive-keyring

結果、既にraspbian-archive-keyringを使ってるのでdebian-archive-keyringは要らないよ的なメッセージが表示されてGPG鍵を更新できませんでした。当然この状態でapt-get updateをしても

# apt-get update
〜中略〜
W: GPG error:〜以下略

変わりません。普通のdebianパッケージとRaspberry Piで利用しているパッケージは若干違うのかもしれません。

debファイルを直接入れてみる

aptで取得できなかったのでdebファイルを取得してdpkgでインストールしてみることにしました。

# wget -c http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/pool/main/z/zabbix/zabbix-agent_2.0.6+dfsg-1~bpo70+1_armhf.deb
# dpkg -i zabbix-agent_2.0.6+dfsg-1~bpo70+1_armhf.deb
〜中略〜
segmentation fault

ああ、セグメンテーション違反、久しぶりに見たセグメンテーション違反。これもダメっぽいですが試しに入ったAgentをstartさせてみます。

# /etc/init.d/zabbix-agent start
segmentation fault

やっぱりだめでした。

あきらめも必要だよね

非力なRaspberry Piにコンパイルをさせるのは最終手段として、バージョン違いのサーバーとエージェントでも大丈夫なのか気になりTwitterでつぶやいたところ詳しい方から返信を頂きました。



そんなわけで、Raspberry Piで利用できる1.8.11のAgentでも問題なさそうです。今回は1.8.11を使うことにしました。