読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コマンドの終了を通知(?)してくれるコマンド

1000個ある Excel のファイルを PDF に変換するとか結構時間かかるんだけど、それが終わったら別のコマンド実行したいとかたまにあるので、コマンドレットの後ろに付けて一連の実行終了を教えてくれるような PowerShell スクリプトです。 Push-Notification …

OpenStreetMap のノートデータを GeoJSON モドキに変換する

OpenStreetMap のノート機能によって残されたノートを取り出して解析しやすくできたらいいなと思ってデータを変換してみました。 まずノートのデータは Planet OSM の notes から最新のデータをダウンロードして解凍。 データは次のような XML になっていま…

PowerShell から Twitter に投稿するだけのモジュールを作ってみた

今度は PowerShell との格闘中にツイートしたくなったので、 PowerShell のプロンプトからツイートする PowerShell モジュールを作ってみました。 インストール方法は Github に書いておきました。 PowerShellPost@github スクリプトの実行を許可していない…

PowerShell で iTextSharp を使って PDF にテキストを追加する

番号管理している土地の図面に所有者の名前入れて名前でフォルダ分けしやがれという無茶振りを受け、PDF 化済の図面に所有者名を入れることになったので書いたスクリプトです。 名前でフォルダ分けするのは何回か PowerShell で行ったことはありますが、PDF …

PowerShell で緯度経度と平面直角座標を相互変換する API を利用する

前回のエントリに似た内容を PowerShell で作成しました。 国土地理院の測量計算サイトで公開されている API を PowerShell で使います。 PowerShell から API の一部である「緯度、経度から平面直角座標への換算」と「平面直角座標から緯度、経度への換算」…

設定ファイルを複数マシンで共有する

前半はLinuxのドットファイルをgithubで同期させてる話で後半はPowerShellのプロファイルをDropboxで同期させてる話です。 Linuxのドットファイルを同期させる Linuxのドットファイルをgithubで同期する方法があちこちに書かれていたので同じ様にやってみま…

Get-Contentで文字コードを指定してファイルを読み込む

JOSMで作成した地物データファイルをPowerShellで読み込もうとしたところエラーになってしまいました。 PS > $a = [xml](Get-Content .\基準点.xml) 値 "System.Object[]" を型 "System.Xml.XmlDocument" に変換できません。エラー: "'<' (16 進数値 0x3C) …

PowerShellでリモートマシンに接続する

PowerShellでリモート管理できないか探していたらリモートマシンに接続する方法があったので試してみました。 今回勢いで実機でテストしてしまったのは内緒です。構成は下記のような感じ。 サーバー(接続される側):ThinkPadX200 Windows 8.1 Pro Update 1 ク…

一般ユーザーでタスクスケジュールを組めるようにする

Windows 8.1 Proで管理者権限を持たない一般ユーザーに対し、タスクスケジュールを組みたかったけど、タスクスケジューラからユーザーにタスクスケジュールを組む権限が付与されていないと言われてしまった。権限を与えるにはWindows Serverなどと同じ様に%S…

WindowsでVPNの自動再接続を行う

Windowsの起動時に自動的にVPN接続をするという形で起動時に自動的にVPNへ接続できるようにしたわけですが、なぜか1日経つとVPN接続が切れてしまうので再接続を行えるようにしました。 バッチファイルとPowerShellスクリプトとタスクスケジューラを組み合わ…

PowerShellで引数を含んだエイリアスを作る

PowerShellで新しい空のファイルを作るにはNew-Itemコマンドを使用して > New-Item -type file hoge とするとhogeが作成される。作成されるんだけど毎回コマンドと引数をタイプするのは面倒なのでエイリアスに設定しようとしたけど、Set-Aliasコマンドでは引…

PowerShellのプロファイルを設定する

PowerShellの起動時に設定しておきたい内容はLinuxなどと同じ様にプロファイルに保存しておけます。 プロファイルの場所は下記のコマンドで確認できます。 > $profile